Kaoru Sato's Laboratory

メッセージ

私たちの研究室(気象学研究室)のテーマは大気力学・中層大気科学です。大気力学というのは大気現象を流体力学や熱力学等の方程式を使って理論的に研究する分野です。また、中層大気というのは高度10km~100km(成層圏・中間圏・下部熱圏)の大気を指します。ここでは、対流圏と異なり激しい対流現象は起こらないのですが、対流圏から伝わってくる様々な波が、平均流やスケールの異なる別の波と相互作用したり、あるいは2次的に新たに波を発生させることで、極めてダイナミックな変動が起こっています。中層大気は、有害な太陽紫外線から地表生命を守るオゾン層を含むだけでなく、また、大循環等を通して下向きに対流圏の現象や気候に影響する重要な領域としても注目されています。私たちは、南極大型大気レーダーによる高解像観測やスーパーコンピュータを用いた高解像度モデルシミュレーションを行ない、基礎方程式を横目で見ながら、中層大気を軸におきつつ、気象学の対象である対流圏から下部熱圏までの「中性」大気全体の力学に関する世界最先端の研究を行っています。

お知らせ

2017/08/04
論文
極地研究所の堤准教授らによるPANSYレーダーと昭和基地MFレーダーを用いた研究が SOLA に受理されました(Tsutsumi et al., in press.)。
2017/07/10
ニュース
博士3年の澁谷亮輔さんと修士2年の中島駿さんが、JpGU-AGU Joint Meeting 2017 学生優秀発表賞を受賞しました。
2017/05/15
ニュース
東京大学新聞にPANSYレーダーが紹介されました。
2017/05/01
ニュース
特任研究員として角ゆかりさんが着任しました。
2017/04/21
論文
博士4年の澁谷亮輔さんの論文が欧州地球科学連合のAtmos. Chem. Phys.に受理されました(Shibuya et al., 2017)。 澁谷君おめでとう。
2017/04/01
ニュース
ホームページをリニューアルいたしました。
2017/01/06
ニュース
佐藤薫教授他による研究「南極大型大気レーダー長期連続観測による中間圏重力波の運動量輸送特性の解明」がプレスリリースされました。
2017/01/03
論文
佐藤薫教授他による論文が米国地球物理学連合のJ. Geophys. Res.に出版されました(Sato et al., 2017).
2016/08/25
ニュース
高麗正史助教が、「極域対流圏界面雲の出現に関する力学的研究」により日本気象学会山本賞を受賞しました。
2016/07/12
論文
博士2年の平野創一朗さんの論文が、米国地球物理学連合のJ. Geophys. Res.に受理されました(Hirano et al., 2016)。
2016/06/14
論文
卒業生の土屋主税さんの論文が、米国地球物理学連合のJ. Geophys. Res.に受理されました(Tsuchiya et al., 2016)。
2016/05/26
論文
博士3年の澁谷亮輔さんの論文が、日本気象学会の J. Met. Soc. Japan (気象集誌) に受理されました(Shibuya et al., 2016)。
2016/05/05
論文
卒業生の土屋主税さんの論文が、米国地球物理学連合のJ. Geophys. Res.に受理されました(Sato et al., 2016)。
2016/04/18
論文
修士2年の南原優一さんの論文が、日本気象学会の SOLA (Scientific Online Letters on the Atmosphere) に受理されました(Minamihara et al., 2016)。
2016/01/29
論文
博士1年の雨宮新さんの論文が、日本気象学会の J. Met. Soc. Japan (気象集誌) に受理されました(Amemiya and Sato, 2016)。
2016/01/12
論文
修士2年の安井良輔さんの論文が、日本気象学会の SOLA (Scientific Online Letters on the Atmosphere) に受理されました(Yasui et al., 2016)。