海洋と気候の変動メカニズムを探る

地球の表面の7割を覆う海洋は、とても薄っぺらな水溜りです。多くの生命を育み、地球の気候を調節している海洋ですが、この海洋の多様な働きには、その中での海水の動き、熱や物質の動きが重要になります。まだ未解明な部分が多いこの「海洋の変動」、その海洋が重要な働きをしている「気候の変動」を明らかにする研究を行っています。

東京大学 大学院理学系研究科 地球惑星科学専攻 大気海洋科学講座
升本研究室


Message to Students

気候や海洋の変動メカニズムを明らかにする研究は、複雑な地球の営みの一部を理解する楽しみがあり、また私たちの生活にも直接役立つ情報を発信できる重要性を持っています。これまでの気候・海洋変動の研究で多くのことが分かってきていますが、現実に起こっている、これまでに起こった、そして今後起こるであろう状況を理解し予測するためには、まだ分からないことが非常に多く残されています。「これはどうなっているのだろう」という興味があれば、ぜひ突き詰めてみてください。

私の研究では主に数値シミュレーションを用いていますが、既存データの解析や、観測も行っています。流れやトレーサー場の変動を再現し、理解するためには、その背後にある物理機構を理解する必要があります。そのため、物理学や数学の基礎知識やプログラミングの知識も必要となります。一緒に研究してみたい学生さんには、「あらかじめ基礎知識を身につけていることが望ましいけれど、意欲があれば、努力次第で発展できるはず」と伝えています。私自身も、十分に基礎知識を持ったとは言えない状況で研究を始め、数値シミュレーションや気候変動を理解する面白さにのめり込んだ経緯があります。

気候や海洋の研究に興味があれば、いつでも話を聞きに来てください。
(まずはメールで連絡をしてください。)

升本 順夫
東京大学大学院 理学系研究科 地球惑星科学専攻 教授


Latest News

2021.9.16

海洋学会バナー オンライン形式で開催された日本海洋学会 2021年度秋季大会において、博士課程3年の松田さんと修士課程2年の寺田さんが研究成果を口頭発表しました。
(アイコンをクリックすると日本海洋学会 2021年度秋季大会ホームページに移動します。)

Presenter: 松⽥拓朗, 升本順夫
Title: 南極周極流にローレンツ・ダイアグラムを適用する際の問題点

Presenter: 寺田雄亮, 升本順夫
Title: インドネシア多島海を通じた太平洋 – インド洋間の波動エネルギー伝播経路 –太平洋から入射する場合–
2021.6.29
海洋政策学会ロゴ

海洋に関する学際的かつ総合的な学術研究の推進を目的とす日本海洋政策学会では、毎年「学生小論文」を募集しています。
テーマは「海洋問題解決への提案」で、どのような切り口の提案でも結構です。
応募資格は「大学生、大学院生」、応募締め切りは9月30日となっています。海洋に関わる問題を考えてみたい方は、夏休みの時間を使ってぜひ応募してみてください。
詳細は 募集案内 をご参照ください。

2021.6.5

JpGU2021バナー オンライン形式で開催された日本地球惑星科学連合2021年大会において、升本先生、博士課程3年 松田さん、博士課程1年 久住さんが研究成果を口頭発表しました。
(アイコンをクリックすると日本地球惑星科学連合2021年大会ホームページに移動します。)

Presenter: Yukio Masumoto
Title: Distribution and movement of microplastics in the Indian Ocean

Presenter: 松⽥拓朗, 升本順夫
Title: Eddy-mean flow interactions and vertical energy redistribution associated with the standing meander in the Antarctic Circumpolar Current

Presenter: 久住空広, 升本順夫
Title: Interannual variability in sea surface temperature off Somalia in boreal summer – Similarities and differences between “Warm year” and “Cold year” –
2021.4.15
論文アイコン

JAMSTEC(海洋研究開発機構)の青木さんと升本先生との研究成果が論文になりました。

Authors: Kunihiro Aoki and Yukio Masumoto
Title: Interpreting Reynolds stress from perspective of eddy geometry
Dynamics of Atmospheres and Oceans, 94(2021),101223, doi: 10.1016/j.dynatmoce.2021.101223
2021.4.6
論文アイコン

博士課程3年の松田さんの論文が出版されました。

Authors: Takuro Matsuta and Yukio Masumoto
Title: Modified View of Energy Budget Diagram and Its Application to the Kuroshio Extension Region
Journal of Physical Oceanography, 51(4),1163-1175, doi: 10.1175/JPO-D-20-0124.1
2021.4.1
メインアイコン

安田さんが修士課程に入学、修士課程を修了した久住さんが博士課程に進学しました。おめでとうございます。
メンバーページも更新しました。

2020.11.29

海洋学会バナー オンライン形式で開催された日本海洋学会 2020年度秋季大会において、博士課程2年の松田さんと修士課程2年の久住さんが研究成果を口頭発表しました。
(アイコンをクリックすると日本海洋学会 2020年度秋季大会ホームページに移動します。)

Presenter: 松⽥拓朗, 升本順夫
Title: 南インド洋におけるモード⽔の変性メカニズム

Presenter: 久住空広, 升本順夫
Title: アラビア海⻄部のソマリア沖海域における夏季SST変動への年周期ロスビー波の影響
2020.10.6

メンバーアイコン 修士課程1年の寺田さんが東京大学「宇宙地球フロンティア国際卓越大学院プログラム」コース生に選ばれました。
このプログラムは、東京大学のなかでもトップレベルの学生さんを国際的な場で活躍する博士人材に育成することを目的としています。
(アイコンをクリックするとメンバーページに移動します。)

2020.8.4

論文アイコン 論文リストを更新しました。
(アイコンをクリックすると研究業績のページに移動します。)

2019.6.30

springerバナー 人工衛星観測によるデータや海洋内部の水温、塩分データが蓄積してきた1982年から2014年までの観測データを用いてインドネシア多島海における海面水温の長期トレンドを見積もり、その発生要因を検討した論文の和文要旨をこちらにまとめました。
日本学術振興会(JSPS) 二国間交流事業および科研費・基盤研究(A) の助成を受けた研究成果です。
日本地球惑星科学連合(JpGU)が運営する英文電子ジャーナルにも要旨が掲載されていますので、あわせてご覧ください。

2020.6.19
論文アイコン

日本学術振興会・二国間交流事業および科研費・基盤研究Aの研究成果が、インドネシアLIPIのA'anさんとEdwardsさんとの共著論文として出版されました。

Authors: Taufiqurrahman, E., A. J. Wahyudi, and Y. Masumoto
Title: The Indonesian Throughflow and its Impact on Biogeochemistry in the Indonesian Seas
ASEAN Journal on Science & Technology for Development, 37 (1), doi: 10.29037/ajstd.596 (Review article)
2020.5.25
論文アイコン

二国間交流事業の共同研究者であるIskandarさんの論文が出版されました。

Authors: Iskandar, I., W. Mardiansyah, D. O. Lestari, and Y. Masumoto
Title: What did determine the warming trend in the Indonesian sea?
Progress in Earth and Planetary Science, 7:20, doi: 10.1186/s40645-020-00334-2
2020.4.2
メインアイコン

寺田さんが修士課程に入学しました。おめでとうございます。卒業研究も升本先生の下で進めてくれていた学生さんです。
メンバーページも更新しました。

2019.10.24

メンバーアイコン メンバーページを追加しました。
(アイコンをクリックするとメンバーページに移動します。)

2019.6.25

白鳳丸バナー 2018年12月6日-29日、東部インド洋における海洋物理・生物地球化学・生態学的特性を統合的に把握することを目的として、関連分野の研究者が協力して白鳳丸による東部インド洋観測航海(KH-18-6)を行いました。
私たちの研究室では、Leg-3(ジャカルタ→フリーマントル間)に乗船し、研究内容「1. 東部インド洋における表層循環系に関する研究」を担当しています。
航海の詳細についてはこちらから。

2019.5.30

AGUバナー 升本先生がアメリカ地球物理学連合の優秀査読者賞(JGR-Oceans)を受賞されました。
Prof. Masumoto has been named one of the AGU’s Outstanding Reviewers of 2018 for his contribution to JGR-Oceans.

2019.5.17
トップ画像バナー

ホームぺージをリニューアルしました。


UTokyo Science Research Video
『エルニーニョ現象が起こるきっかけはまだわかっていない』

14. Sep. 2016

東京大学公開講座
『変わる気候を予測する』

05. Oct. 2013

Topに戻る