レーダーや衛星、ラジオゾンデなどの観測データと再解析データの解析に基づいて、中層大気科学(特に大気力学の観点から)を中心に、大気中の乱流強度、極域固有の中層大気の雲、対流圏界面などを研究しています。

研究分野

  • 中層大気科学
  • 大気中の乱流強度推定
  • 極成層圏雲 (PSCs)
  • 極中間巻雲 (PMCs)
  • 対流圏界面

学歴

  • 博士課程 (地球惑星科学専攻),
    東京大学 大学院理学系研究科
    2011年4月~2014年3月

  • 修士課程 (地球惑星科学専攻),
    東京大学 大学院理学系研究科
    2009年4月~2011年3月

  • 学士課程 (地球物理学科),
    京都大学 理学部
    2005年4月~2009年3月

論文

(査読付き)

(2021), Interannual Variability of Stratospheric Final Warming in the Southern Hemisphere and its Tropospheric Origin, J. Clim., doi:10.1175/JCLI-D-20-0945.1

DOI

(2021), Weakening of PMWE and Turbulent Energy Dissipation Rates after a Stratospheric Sudden Warming in the Southern Hemisphere in 2019, Geophys. Res. Lett., 48, e2021GL092705. doi:10.1029/2021GL092705

PDF DOI

(2020), A statistical analysis of the energy dissipation rate estimated from the PMWE spectral width in the Antarctic, J. Geophys. Res. Atmos., 125, e2020JD032745. doi:10.1029/2020JD032745

PDF DOI

(2020), Spectral Observation Theory and Beam Debroadening Algorithm for Atmospheric Radar, IEEE Trans. Geosci. Remote Sens., doi:10.1109/TGRS.2020.2970200

PDF DOI

(2020), Relation between the interannual variability in the stratospheric Rossby wave forcing and zonal mean fields suggesting an interhemispheric link in the stratosphere, Ann. Geophys., 38, 319-329. doi:10.5194/angeo-38-319-2020

PDF DOI

職歴

 
 
 
 
 

東京大学大学院理学系研究科

地球惑星科学専攻 助教

2014年4月 – Present
担当科目:

  • 地球惑星物理学計算機演習 (行列計算担当), 2014~2015年度
  • 地球惑星物理学観測実習, 2014~2015年度, 2017年度~
  • 地球惑星物理学基礎演習III (流体力学), 2017年度~
  • 地球惑星物理学基礎演習II (複素関数), 2020年度
 
 
 
 
 

第57次南極地域観測隊 (JARE57)

越冬隊員 (重点研究観測)

2015年11月 – 2017年3月 南極昭和基地
 
 
 
 
 

日本学術振興会 (JSPS)

特別研究員 (DC1)

2011年4月 – 2014年3月

受賞歴

山本賞

SPARC General Assembly 2014 優秀ポスター賞

外部資金

研究代表者のもの

JSPS特別研究員奨励費

参加している研究プロジェクト

南極昭和基地大型大気レーダー (PANSYレーダー)

The PANSY radar is the first Mesosphere-Stratosphere-Troposphere/Incoherent Scatter (MST/IS) radar in the Antarctic region

連絡先