東塚 知己のホームページ

English

 東京大学 大学院理学系研究科 地球惑星科学専攻 大気海洋科学講座
准教授として、主に海洋物理学の視点から、熱帯域から中緯度にかけて発生する様々な気候変動現象とその成長に寄与する大気海洋相互作用過程に関する研究を進めています。






News & Topics

  • 【2018年3月22日】山上 遥航 さんが博士課程を修了しました。
  • 【2017年10月19日】片岡 崇人 さんとの共著論文(海洋大循環モデルのシミュレーションによりニンガルー・ニーニョの成長・減衰メカニズムを定量的に明らかにした論文)がJournal of Geophysical Research-Oceansに受理されました。[論文リンク]
  • 【2017年9月25日】私が筆頭著者の論文(海面熱フラックスの効果による海面水温勾配の強化・緩和を定量化する新しいメトリックを提案した論文)がClimate Dynamicsに受理されました。[論文リンク]
  • 【2017年8月10日】大石 俊 さんとの共著論文(アガラス海流に伴う海面水温前線の形成メカニズムを明らかにした論文)がJournal of Physical Oceanographyに受理されました。[論文リンク]
  • 【2017年7月18日】私が筆頭著者の論文(海面熱フラックスが黒潮続流に伴う海面水温前線を強化していることを定量的に示した論文)がScientific Reportsに受理されました。[論文リンク]
  • 【2017年7月10日】山上 遥航 さん(D3)が、日本地球惑星科学連合2017年大会「学生優秀発表賞」を受賞しました。
  • 【2017年6月28日】木戸 晶一郎 さん(D1)との共著論文(インド洋ダイポールモード現象において塩分が果たす役割を初めて定量的に示した論文)がJournal of Climateに受理されました。[論文リンク]
  • 【2017年4月1日】小林 諒 さんと村田 壱学 さんが修士課程に入学しました。木戸 晶一郎 さんが博士課程に進学しました。
  • 【2017年3月23日】大石 俊 さんが博士課程を修了し、木戸 晶一郎 さんが修士課程を修了しました。