大気海洋科学大講座のトップ画像 (沖縄の空と海)

大気海洋合同セミナー

学内外から講演者を招き、大気海洋科学に関連する最新の研究成果の紹介等を通じて、お互いの視野を広げかつグループ相互間の研究交流を促進するために、大気海洋合同セミナーを不定期で開催しています。

  • 大気海洋合同セミナーのお知らせはメールでも流しております。
  • 問い合わせ先: 高麗 または 大石

予定表

年/月/日 発表者 発表の題目
2015/04/30 (木) 16:50-18:20
(336教室)
青木 邦弘 TWA理論とその黒潮続流への適用
2015/06/11 (木) 16:50-18:20 (710教室) Prof. K. Hamilton (Visiting professor, AORI, The University of Tokyo; Former professor, University of Hawaii) Modeling Microclimates and Projecting Climate Change in Hawaii
2015/06/18(木)
10:30-12:00(336号室)
伊地知 敬 深海内部波場の周波数依存性を考慮した乱流パラメタリゼーションの再構築とその有効性の検証
2015/09/17 (木) 16:50-18:20 (710教室) 向川均 教授 (京都大学 防災研究所 気象水象災害研究部門) 成層圏ー対流圏結合の力学と予測可能性
2015/10/01(木)
10:00-12:00(331号室)
伊地知 敬 深海内部波場の周波数依存性を考慮した乱流パラメタリゼーションの再構築とその有効性の検証
(Frequency-based correction of finescale parameterization of turbulent dissipation and the assessment of its applicability to the deep ocean)
2015/10/05(月)
17:00-18:30(851号室)
Dr. Harry Hendon
(Bureau of Meteorology, Australia)
Weakened El Nino predictability in the early 21st century
2015/10/20(火)
10:30-12:00(331号室)
Dr. Michael McPhaden
(NOAA/PMEL)
Playing Hide and Seek with El Niño
2015/11/26(木)
14:55-16:40(710号室)
大島 慶一郎 教授(北海道大学低温科学研究所) 海氷生産量のグローバルマッピングと中深層水形成
Global mapping of sea ice production and deep/intermediate water formation
2016/1/18(月)
16:50-18:20(336号室)
中村 卓司 教授(情報・システム研究機構 国立極地研究所) 大気レーダー、大気ライダーによる中層・超高層大気の観測研究

過去の大気海洋合同セミナー

Last updated: 2017-06-23 19:10:01 JST